上総の国の片田舎に古民家という名の廃屋あり。改修再生完了しました
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
風情ある瓦屋根は古瓦で
古民家改修で、本体工事がどんどん進んでいるところで、次に行う瓦の葺き替えの準備。
これは瓦のカタログ。いろいろな瓦があるんですね。
瓦のカタログ

うちの屋根の瓦の見本。
瓦の見本
瓦の見本と、下にある破片がもともとの瓦です。
色を比べるために置いてみました。

けっこう色が違います。

家の外観の印象って、まず屋根、次に建具と思っています。
外観での屋根の印象って大きいです。
民家の種類ににもよりますが、
やっぱり屋根はどっしり存在感があるのがいいなぁーと思うんですよね。

戦前に建てられた家の屋根瓦は、色が均一でなくてまだら模様に見えます。
戦前の瓦の屋根
これはうちは2階のまだら模様の屋根。
1階の屋根の一部は、トタンに葺き替えられていて、そこは瓦に戻したいのですが、

新しい瓦ってピカピカしていて、色が揃っていて均一。
まだら模様な古瓦の屋根と並べたときに、少しでも違和感のないようにできないかなーと。

まだらの古瓦とあまり違和感のないようにできないでしょうか、
色の違う瓦を混ぜるとか…と設計士&工務店にとりあえず言ってみました。
ない袖は振れないのでできないことは仕方がありませんが、
とりあえず希望は言ってみる。

今の瓦と昔の瓦は、規格が違い大きさが違うそうで、混ぜて敷くことはできないそうです。
色は、もう少し黒い瓦もないそうです。
古い瓦のように一から屋根瓦を焼いている例もありましたが(また後ほど)、
うちではそんな費用はかけられません。

と、そんなことをとりあえず言い放ってから数日後。

工務店の若社長 「古い瓦を洗って、使えるものを使いましょう」
古瓦の山
つ、使えるんですかコレ?

この古民家を買うとき、雨漏りしていたので不動産業者が修理したのですが、
そのときの修理がぞんざいで、瓦を降ろしてトタン屋根にしたとき、
処分費もかかるし、瓦を庭の隅に集めておいてそのままになっていたものです。

というわけで、瓦の選別。
形別に、割れていないものを選り分けます。瓦は重いので、けっこう大変な作業。
古瓦を選別
現場監督サマ、面倒な作業をありがとうございます(涙)

瓦を一枚ずつ洗いました。
瓦洗い

ヒルが出た~!
クロコウガイビル
後で調べてみたら「クロコウガイビル」でした。
カタツムリなどを食べるそうで、血を吸うヒルとは別種だとか。

瓦屋さんに必要な枚数を出してもらったところ、
トタン屋根部分の、家の前面と横面を葺き替えるには、平べったい瓦は約500枚必要。

ざっと選別したところ、470枚くらい。足りませんorz
一部は今の屋根の補修にも使うとすると…ますます足りない。

というわけで、家の正面から見える一面だけを古瓦で葺くことになりました。
穴あき天井

とすると、角度によっては、古瓦で葺いた屋根と、新しい瓦の屋根とが隣り合って見えるわけで…
それならせっかく洗った古瓦だけど、全部新しい瓦の方がいいのかなぁ…
などと悩みましたが、
結局、やっぱり目につく正面のみ古瓦にすることになりました。

洗われて、出番を待つ古瓦。
洗った古瓦

目に見えるところだけ作るって、映画やドラマのセットみたいですね(笑)
古瓦は雨落ちを作るのにも使う予定です。

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへにほんブログ村のランキングに登録中。
よかったらポチッと押してくださいませ。ポイントがついて順位が上がります♪
スポンサーサイト
古建具を探しに新木場「ひでしな商店」へ
古民家の改修に使う、建具や古材を探しに
東京の新木場にあるひでしな商店を訪ねました。

建具や古材を使うのはもう少し先なので、急いで探すことはないのですが
時間のあるうちに、実際に物を見てイメージを固めておきたかったのです。

まずは建具から。
建具を置いてある部屋。いろんなのがいっぱいある~♪
ひでしな商店

欲しいのは、ガラスの引き戸を、玄関用と土間境用。
「こんな感じの戸かな?」という漠然としたイメージはありましたが、
とりあえずは手近にある扉を、心のままに見ていきます。

すご~い、見事な菱の組子!
腰板の楕円の彫りも洒落てる。
古建具ガラス戸
…でも、うちの古民家には合わないかな。

これもきれいー!
古建具ガラス戸
でも、土間境って感じじゃないな。

これはいい感じ~♪ 結晶のガラスも素敵♪
古建具ガラス戸
でも、下の方が板になってる方がいいかなぁ。

ひでしな商店さんいわく、
「今は透明のガラスの方がよく出て、結晶ガラスはそんなでもないですね」
そうなんだ。きれいなのに。私は好き♪
結晶ガラス模様ガラス

これはいい感じ。
これと同じような桟の組み方の窓ガラス戸があるんで、雰囲気は合いやすいかな~。
古建具ガラス戸
…でもこれは幅が足りない。

これは2枚あるし、幅も合う。
古建具ガラス戸
…これもいいんだけど、前のを見た後だと、前の桟の組み方の方がいいなぁと思ったり。

千本格子にガラスを張ったタイプもあったけど、1枚しかなかったり、
んー、なんとなく千本格子は私のイメージじゃない感じ。

と、このガラス戸に関しては、イメージにぴったり、というものは見つからず。

店内にはいろいろなものがあって、さながら迷宮。
こういうところを彷徨うのって大好き♪
ひでしな商店店内

色ガラスと文字が可愛いガラス戸。お手洗いの戸だとか。
手洗い色ガラス戸

古民具もあります。これは大鋸(おが)。
 「民家の学校」で塩山に行った講座を思い出しますー♪
大鋸おが

古いカンテラ?
アンティークカンテラ?

ここにいたら1日中楽しめそう♪
家ができた後に、インテリア用の古民具を探しに来てもいいかも♪

古材のストックも見せてもらいました。
古材ストック
囲炉裏の縁にいい古材はないかなー。

こんなのとか?
古材

探していたものの中では、なかなかいいものも見つかって、
ここで決めてしまってもいいかなーというものもあったのですが、
も考えてから決めたいなという気がして、
前向きには考えつつ、写真を撮っておいて、この日は見学だけにしました。

ちなみに「ひでしな商店」は日本民家協会の登録事業者。
都内の、それも23区内という場所で、それなりの規模で商品在庫があるので、
店舗のインテリア用を求める業者が多く、テレビドラマのセット用の材料という要望もあるんだとか。

ちなみにこの日、案内してくれたのは「民家の学校」8期の方。
OBOGは、初対面でも話題があって話が弾みますし、話が早いです。
民家協会の会員になっておくと、イイコトがあります♪

ひでしな商店サマ、どうもありがとうございました。

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへにほんブログ村のランキングに登録中。
よかったらポチッと押してくださいませ。ポイントがついて順位が上がります♪
古瓦で葺いた新しい瓦屋根ができた
古民家の屋根の瓦工事の様子です。→前回「屋根の瓦をどうしよう

トタンで葺かれていた部分が取り除かれて、屋根瓦を屋根に載せ始めたところ。
この写真は奥の下屋部分(1階の屋根)はまだトタンですが。
屋根工事中の古民家1

すべての屋根トタンが取り除かれて、瓦工事が始まりました。
山に面する裏側の下屋、1階屋根部分から。
ここは新しい瓦を使います。
屋根瓦工事中の古民家

あっという間に下屋の屋根が終わって(上写真から約2時間後)、土間の吹き抜け部屋の屋根へ。
ここの屋根も裏側は新しい瓦で。
屋根瓦工事中の古民家2

横から下から見たところ。けっこう高い~
瓦は重いので、巻き上げ機を使って屋根の上に運んでいます。
古民家屋根瓦工事中

瓦の昇降機。右側のところに瓦を載せて、ウィーンと上に運びます。
運んでいるところは写真が撮れず。
瓦電動昇降機
瓦のように、一度私も一度載っかって揚げてもらってみればよかった(違) 
ウィーン♪高い高~い!♪     遊園地じゃない!

屋根の上でもくもくと働く職人さん。
上にいる方は屋根の角度に合わせるため、瓦を切っています。
古民家の屋根瓦工事中の職人さん
カッコイイ♪

このへんまでは新しい瓦を使いました。

既存の瓦屋根部分と違和感がないように、表から見える部分には
庭に置いていた古い瓦を洗って使いました。
でも瓦屋根に戻したい部分の全部を使うには足りず、
表から見える1面だけの予定でした。
昔の瓦と今の瓦は規格(大きさ)が違うので、混ぜて葺くことはできないのです。

洗って形ごとに整理した古瓦。
洗ったいろいろな形の古瓦

洗ったいろいろな形の古瓦

瓦屋さんが古い瓦を分けてくれて、もう少し古瓦の範囲を広げられました。
瓦はいろいろな形があって、必要な瓦を全部古瓦で用意はできなかったので、
新瓦の大きさを古瓦に合わせて切ったり、
違和感が少ないように、新瓦をやすりで削ったりしてくださったそうです。
面倒な作業をしてくださって、どうもありがとございます。


次に来たときには、瓦工事はすべて終了していました。古瓦葺きの写真はナシ。

ああ、自然なこの瓦屋根の表情。これですよ!(T_T)感涙
瓦工事終了後の古民家
って、書いてもこの写真だとわかりにくいですね。ごめんなさい。
家の前に工事車両やいろいろなものが置いてあったりで、
新しく葺いた古瓦屋根部分(変な表現w)がよく見える写真が撮れません。

ちょっと斜めから。
うーん、よく見ると、三角の真ん中へんからちょっと瓦が違ってますね。
2面葺くには古瓦が少し足りなかったようです。このくらいはご愛嬌で♪
瓦工事終了後の古民家

木材や陶磁器に比べると、金属ってどうしてもシルエットや質感がシャープで冷たいように思うので、
この家に使いたくなかったのです。
(茅葺のトタンかぶせや銅葺きは好きなので、建物による)

ちなみに古瓦を使っているといっても、そこはさすがに昔ながらの土葺きではなく、
瓦の下地はがっちり防水素材を使っているので、
雨漏りなどの心配はないそうです。
そのへんはちゃんと保川建設さんが考えてくださっています♪
瓦のメンテナンス用に、壊れたときに取り換える用の古瓦も取ってあります。

一番面倒な、古瓦洗いや整理をしてくださった現場監督サマ、ほんとうにありがとうございました。

家の裏側の山から。
何にもやらないと、新瓦部分はこんなにピカピカ~。
古瓦と新瓦の屋根

カメラ買い換えました。X6の発売も間近ですが、EOS Kiss X5 を入手♪
今までのEOS kiss digitalN は電源が入らなくなっちゃいました。
ついでにレンズも追加。 シグマ 18-200mm F3.5-6.3 II DC OS HSM
これで屋根の上の職人さんの作業風景もばっちり♪ 

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへにほんブログ村のランキングに登録中。
ここを押すと同ジャンルのブログがたくさん見られます。ご参考にどうぞ♪
埼玉の再生中の旧家を訪問
埼玉県にある、再生中の旧家を訪ねました。
創建は江戸時代後期くらい…でしたっけ?
埼玉の旧家の屋根裏梁組
これは座敷の上で、天井をぶち抜いた状態。
もとは組子の欄間の上に天井があったそうです。

数年前まではお住まいだったそうですが、今回工事のためにあちこちはがしてみると、
傷みの進んでいるところがあちらこちらと…。

きれいな組子の欄間。
組子の欄間

土間から部屋側。
埼玉古民家土間

太い大黒柱。柱の左側にあるのはいろりの跡。
張ってある写真は工事前の写真。
埼玉古民家大黒柱

2階も拝見。この窓は2階の物置に長持ちを入れるための穴だとか。
渡してある材は取り外しできます。
古民家2階から

長持ちやらタンスやらをごそごそしていると、
現ご当主のお祖父様の卒業証書(尋常小学校)を発見!
尋常小学校卒業証書を発見

お風呂の天井がおしゃれ。
古民家お風呂の天井

曲がった材を生かした上手に梁が素敵♪
古民家台所下屋の天井と梁

御手洗の陶器プレート♪ 私もこんなのほしーい!(笑)
昔の家ってこんなところまで細かいですよね。
御手洗い陶器プレート

建物の観察のあと、実測調査。各部を測って図面に書きこみます。
古民家実測調査中
…なんですが、私は都合で中座しました。
このあと再生活用案についての意見交換もあったそうです。
良い再生ができますように♪

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ
にほんブログ村のランキングに登録中。
ポチッとすると、別窓で各分野のブログがたくさん見られます。参考にどうぞ♪
金環日食をお手軽にリッツクラッカーで観測@東京
今日は金環日食の日でしたね。
千葉の古民家での日食観測かなわず、東京都内で試みました。

やり方は超お手軽に、クラッカー「リッツ」の穴で観測(笑)
リッツで日食観測

都内某所はピカピカのお天気でした……途中までは。

07:15くらいから、外が薄暗くなったのを感じました。

07:26 おおー、影がきれいな三日月!
リッツで金環日食観測

07:32  さらに細く…なったかな?
リッツで金環日食観測

07:34  おおお、もう少しで金環!
リッツで日食観測

というあたりから、雲が厚くなってきてしまい、影がぼやけてきてしまいました。

07:38  おおお金環!
      なんとか影が輪っかになってるのかわかります?♪
リッツで金環日食観測

金環中は雲がかかっていたのですが、おかげで肉眼で輪っかになってるのがわかりました。
本当は危ないのでやっちゃだめです(汗)

07:39 雲の切れ間に撮影。金環が終了したら少し晴れた(泣)
      さっきと逆側が欠けてます。
リッツで金環日食観測

07:55  雲の切れ間をぬって。
リッツで日食観測

これ以後しばらく観測不能。

08:18 まだ欠けてます
クラッカーで日食観測

欠けてる様子がわかりにくくなったので、これで終わりにします。

こんなお手軽観測でもよくわかりました(笑) 楽しかった♪

柴「僕の観測は?」
柴犬
お前は欠けないから。

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ
にほんブログ村のランキングに登録中。
ポチッとすると、別窓で各分野のブログがたくさん見られます。参考にどうぞ♪
■自己紹介

みずき

Author:みずき
推定大正期建築の千葉の古民家。放置すれば傷むばかり、とふと思ったことが大ごとに! 千葉と東京・神奈川を往復しつつ改修を目指す日々の記録。柴犬も一緒♪ 題名は「築大正」「先生が住んでいた」との話と、「宮澤賢治が出てきそうな家」と思ったことからの連想。景観と調和し、昔からずっとそこにあるような家を目指して、夢と妄想だけは大きく、千葉のイーハトーヴか、武相荘か!? 
■リンクはご自由にどうぞ。
■ご連絡等はコメント欄、
またはメールフォームからどうぞ。
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ
にほんブログ村のランキング参加中

■最新記事
■記事分野
ページ移動

よく読まれる記事
返答

過去の記事
RSS

関係・参加サイト
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。