上総の国の片田舎に古民家という名の廃屋あり。改修再生完了しました
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
呪われた古民家か、また白骨死体w
初冬を迎えました、千葉の上総の廃屋……もとい、修理計画中の古民家です。
千葉の上総の古民家


以前に藪を刈って(くださって)、ちょっとだけすっきりした土間入口前に、

ん?
土間入口



またもや白骨死体が!













苦手な方は閲覧をお控えください。


いきますよ。


小動物の白骨

白い骨が目にまぶしい……残された毛もまだ新しい感じ。
最近のものなのでしょうか?
毛の色からすると、タヌキみたいな感じがしますがどうなんでしょうか。

以前にも白骨死体が見つかりましたが、引き続き2つめも発見されるなんて、
この古民家は呪われている……
やはり「注文の多い料理店」(宮澤賢治)ならぬ、「注文の多い古民家」…

……単に自然が豊かな田舎というだけです。
でも動物対策はやっぱり今後何か考えなくては。お隣の家も周囲にイノシシよけの電柵張ってますから。

EOS kiss-DigitalN/SIGMA DC 18-50mm F2.8

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村のランキングに登録中。
バナーを押していただけますとポイントが上がって、ブログ更新の励みになります。
同分野のブログもたくさん見られますよ。
スポンサーサイト
放浪の柴犬 種田山頭犬 青い竹林の巻
ある日私はネットの世界の中をさまよっておりました。すると目に付いた、

分け入っても分け入っても青い山

これは自由律俳句のもっとも著名な俳人・種田山頭火が旅に出たとき、
九州山地に入り、旅始めの興奮を詠んだ句なのだとか。


この句を読んで、私の脳裏に浮かんだ情景は、

わけいってもわけいっても青い竹
青い竹1  青い竹2

千葉で撮った竹林の写真の情景が合うなぁ。

こうして読むと、山頭火の句はとても視覚的。



冒頭の句も、別の写真にすると印象が変わってきます。

わけいってもわけいっても青い竹
竹林を走る柴犬
なんか誰かに追われているみたいです(笑)


しかし、我に返ると、実際の現実はそれ以上に厳しく、
うちの古民家の裏山の竹林は


わけいってもわけいっても青くない竹(号泣)  種田山頭犬(笑)
青くない竹

放浪の俳人が歩いたのも、考えれば当時の普通の里山だったのかもしれません。


種田ワン頭火とどちらにしようか迷いましたが、ブログですから種田山頭にしました(笑)

あれ?「注文の多い古民家」なんだから、
テーマは宮沢賢治じゃなかったのか?(汗)

EOS kiss-DigitalN/SIGMA DC 18-50mm F2.8

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへにほんブログ村のランキングに登録中。
バナーを押していただけますとランキングの票が入ります。
植木屋は見た!ハクビシン夫婦の秘密の住まい
伐採の打ち合わせのため、私たちよりも先に古民家に着いていた、
植木屋は見た!

「猫よりもちょっと大きいくらいの動物が、あそこの屋根の上で日向ぼっこしてたよ。
鼻の上が白いからからハクビシンじゃないかな。2匹いたからつがいだね」

この2階の窓の上のトタンのひさしの上で、お日さまポカポカしていたそうだ(朝は晴れてました)。
こちらに気が付いたら、どこかの隙間から引っ込んでしまったらしい。
古民家南側
周囲がすっきりしたでしょ♪ それもですが、
この写真を撮れる場所に上がれるようになりましたー(感動)♪

植木屋さんは地元の方。土間に入ったとき、
「ここに足跡ありますよね。ここから駆け上ったんですね」とご指摘。
土間の米貯蔵庫
帰って調べたのですが、ハクビシンは5本指。タヌキは4本指なので、足跡で区別がつくそうだ。
ハクビシンの足跡
5本指だっ!

さらに、牛の飼料入れだと思っていたこの木箱ですが、植木屋さん曰く
「このへんでは、これはお米の貯蔵庫ですよ」
とのことです。へぇ~~


姿を消した動物が気になったので2階に行ってみました。なんだか音がするので、
気配のある天井の隅を棒でドンドンつついてみると、
二階の隅
「どたばたどたばたどたばた」
と、天井裏で運動会の音がする~~ペア競技なのがわかります(汗)
隙間からほこりがパラパラ落ちてきます。

音はするけれど天井を走り回っているだけで、どこかに逃げていきません。
安心な隠れ家だとわかっている様子。きぃーーくやし~~!!
まぁ本当のことを言えば、こちらが侵入者で、ハクビシンが先住者なわけですけれど。

二階の屋根裏をのぞくべく、天井の壊れたところから、
二階屋根裏開口部

懐中電灯を照らして見てみると
ハクビシンのフン
うおっ!

目の前にフン…しかも新品!
しかもフルーティな香りがします~(嫌) (ハクビシンの好物は果物)

しかし、踏み台が低いので天井裏の中までは届かずのぞけません。それにのぞいても真っ暗だ。

フラッシュで撮った屋根裏。天井があるので煤けていませんがこちらも梁組は立派です。
二階梁組

天井裏の運動会にもどうにも手が出せません。
植木屋さんは「バルサン焚くといいですよ」と教えてくれました。


くやしまぎれに?室内をうろうろ見て回りました。すると
床の間雨漏り 床脇雨漏り
雨漏り?

床の間のところと(ちょうど巣材がはみ出しているところから水が落ちている感じ)、
床脇の部分の、壁の一部が濡れています。
危険?!

赤い矢印、雨漏りにしてはなんか妙な感じなんですよね。
ちょうど上は巣材がはみでているところなんで、
もしかしてハクビシンのおしっこという可能性なぞもあるのでしょうか…??

次回予告
「家政婦は見た!」ならぬ

柴犬は見た!
柴犬は見た
平和なハクビシン夫婦の住まいに、突如現れた謎の人間と、屋根裏を巡って争う壮絶なバトル?!

シバイヌ警備隊の出番か? がんばれ柴犬隊長! ←応援隊長の予感w

にはなりません。あしからずーー失礼しました(笑)

EOS kiss-DigitalN/SIGMA DC 18-50mm F2.8

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへにほんブログ村のランキングに登録中。
バナーを押していただけますとランキングの票が入ります。
ハクビシンのフンはオレンジの香り~獣害対策を考える
以前、古民家の2階に雨漏りのような天井からの水漏れ跡があった話をちらっと書きましたが、
これはハクビシンのおしっこのような気がします。
このほかにも、イノシシ、サル、シカ…当古民家にはさまざまなケモノが出没しますので、
獣害対策の本を読みました。
「これならできる 獣害対策」 著/井上雅央 農文協


この本によると、
収穫しようと思ってたトマトやカボチャ盗られたら都合が悪いから騒ぐけど、
耕作放棄したミカン園のミカンは盗られても人は騒がない。
だけど動物にしたら、どっち食べてもエサはエサ。

動物の食べ物…エサには2種類ある。
1つは、動物が食べたら人が怒るエサ。→田畑の作物
もう1つは、動物がいくら食べても人が怒らないエサ。
エサを人家の回りに増やして、わざわざ動物に餌付けをしているようなものだ。

後者のエサの例をあげると、傷物で出荷せずに畑に放置・捨てた野菜や果物。
収穫後の葉物野菜の外葉。適果して放置・遺棄したままの果樹、
実ったまま放置してある果樹、
稲が早稲になり収穫が早まったことで、稲刈り後に生えたヒコバエや、再び実った稲穂

…など、集落には怒られないエサがいっぱい、そりゃ動物だって食べにくるはず、というのです。


なるほど! 目からうろこです! 
柵つくっても捕獲しても、根本から対策しないとダメだと納得。

色々なケモノがいますが、すべての動物対策に応用できるのもミソ。
古民家・田舎暮らしで出没する各種ケモノにお悩みの方に、ご一読をお薦めします。

----------------------------------------------------------
という本を以前に読み、
場面は千葉の古民家に移ります。

庭は造園屋さんのプロの技で伐採・草刈りされて、かなりスッキリしましたが、
家の内部は、以前の廃屋状態から何も手を付けていません。
せめて室内の掃除くらいはと、重い腰を上げました。

ホコリがスゴイので、帽子とマスクで防備し、水に湿らせた新聞紙を撒いて掃きました。
お掃除セット
「何が始まるの?」という顔の柴犬。←ホントに見に来るの

腰が重かったわけは…だってコレなのよ~積み重なったハクビシンのフン
2階汚部屋  ハクビシンのフン
がんばってお掃除。

白骨死体もお片付け~(ハクビシン?)
白骨死体清掃
フンをほうきで掃いていると、マスクをしているにも関わらず、
柑橘系の、オレンジみたいないい匂いがするんです(嫌)  食べた物の匂いがするのでしょう。
これがハクビシンのフンの臭いなんて嫌~~~!!

掃除後の2階の汚部屋。これでも少しはきれいになりました。
ここの屋根裏にもフンがてんこ盛りですが、危険かもしれないのでやりませんでした。
2階部屋
この日はハクビシンはいませんでした。この前は2階屋根裏で運動会してたのに。
ハクビシンのねぐらは複数あり、転々と移動するのだそうです。


掃除をしながら思い出したのは、そういえばさっき、隣の奥様が
「ハクビシンが庭の夏みかんを食べにきてる」と言ってたなぁ…

ハクビシンのフンはオレンジの臭い…
ハクビシンは果物が好き…             

ハッ(゚O゚)

庭にカラタチの実がある!(ユズではなかったw) と思って見に行くと、
カラタチの実を食べた跡
あああ、落ちている実に、ケモノが食べた跡…

つまりうちは、ハクビシン様に宿ばかりでなく、食事もご提供していたワケですね…orz
そりゃ、食事付き古民家なんて恰好の宿なわけですね。

今更ではありますが、木に残ったカラタチの実を棒で突いて落とし、穴を掘って埋めました。
カラタチの実はユズよりも少し甘い香りがします。
フンの臭いと同じ香りでした…orz  
庭にはカラタチのほか、キウイ、カキもあります。
年中食事付きで、ハクビシン様にご提供…

ハクビシンはネコの仲間で(ジャコウネコ科)、木登りは得意だけど、穴は掘らないそうです。
カラタチはトゲが鋭いので、さすがのハクビシンも木登りせず、
落ちた実を食べているようでした。

----------------------------------------------

以下、獣害対策についてのサイト。

「ミョウガ、サンショ、サトイモ、トウガラシは、サルによる被害が少ない…」_φ(._.メモメモ…
ニホンザルによる農作物被害防止対策 滋賀県庁

獣害対策の手引き(イノシシ、サル)pdf 京都府伊根町

サル 被害対策pdf 兵庫県

他、比較的獣害が少ないらしい作物のメモ
ジャガイモ(生だと毒がある)、ニンニク、ショウガ、シソ、ミント、ゴボウ、ネギ、オク、ゴーヤ、
ラッキョウ、サトイモ、コンニャクイモ


EOS kiss-DigitalN/SIGMA DC 18-50mm F2.8

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへにほんブログ村のランキングに登録中。
バナーを押していただけますとランキングの票が入ります。
柴犬は見た!無理心中か?ハクビシン夫婦の死体
本日は、人によっては不快な内容がある、一部ホラー仕立てでございます。
気を付けてご覧ください。

柴犬は見た…
柴犬は見た
今日は僕・柴犬がナレーターを務めます。

うちでは千葉の廃屋古民家の再生・改修をしています。
この日はみんなで古民家に行きました。

古民家に着いて、おねぇちゃんは2階に上がって窓を開けていると、
お向かいの畑にお隣の奥様がいたんで、挨拶しておしゃべりを始めました。

早く窓を全部開けて降りて話をしようとして、窓を開けていると

「ぎゃーーーーー!」
おねぇちゃんの悲鳴が!




そこには…



ハクビシンの死体
し、死体! 
今度こそ、本当に、間違いなくハクビシン! 鼻筋が白い~ 
(拡大すると大きくなります。以下の写真も同様)

おねぇちゃんは驚いて階段を駆け下りてきて、近くにいた設計事務所の人に

「し、死体が、ハクビシンが、2階に!」と言ったら、

「え? 2階にも?」

にも? 

ハクビシンの死体

ぎゃーーーー! 1階にもいたーーーーー!!



この前、屋根裏で二人三脚の運動会していたつがいなんだろうね、きっと。

お隣の奥様と騒ぎのついでによもやま話をしていると、
以前にもこの家の屋根にハクビシンがいるのを見たことがあって、

「このへんは有害駆除で、しっぽをもっていくと、
イノシシなら3000円、ハクビシンなら1000円くれるわよ。
でも今日はね、担当の人がいないのよね…」

そんな話をしながらおねぇちゃんがジタバタしていましたが、
ハクビシンの死体は穴を掘って埋めました。
ハクビシンの埋葬
変なところでおねぇちゃん意外に気が小さいんだから…。
しっぽをとっておくかと思ったら、一緒に埋めちゃいました。
僕のおやつがちょっとは買えたのに~

この前ここに来てからは1か月弱くらい空いちゃったんだけど、
2階の死体はちょっと日がたってるみたいだけど、
1階のものは、眠っているような新鮮な死体(変な日本語w)。

ハクビシンの感じからは、隠れ家から出ていけなくなり、
兵糧攻めでお亡くなりになったという風情が漂うんだけど、
調べたところでは、ハクビシンの行動範囲は30~40haと広く、
数ヶ所に寝床を持って移動するらしいです。
おねぇちゃんがカラタチの実がエサになってるかもと、ちょっと前に全部片づけたけど、
すぐお隣の家の畑には夏みかんがなってるからねぇ。どうなんだろう??

ただ、草を刈ってから、動物の痕跡が少なくなりました。
前はもっとイノシシの新鮮な痕跡などがはっきり残っていたのに、
草を刈ってから足跡などがあまりありません。
なんか怪しい場所だと思うのか、あまりにすっきりして身を隠せないと思うのか、
両方かとも思いますけれど。

ハクビシンさんの死亡理由について、正解はわかりません。
でももっと素直に考えると、

「住み慣れた家を追われることを儚んだ、ハクビシン夫婦の無理心中」
としかぼくには思えないんだけど。
どう思う?


お隣にいただいた、出始めのタケノコ~
タケノコ
ぼくは食べません…

------------------------
このばかばかしい日記が、なかなか書く気になれず間が開いちゃいました。
地震で被害の少ない人は普段の生活を送って、経済を支えるべきだと思うので、
自粛はよいことではないと思う方なのですが、
なんか書く気になれないというか、元気が出なくって。
少しずつ元気になります。
お花見で東北の酒でも飲んで、経済回しましょ~!
銀河高原ビール飲みまーっす! ←岩手の地ビールです。大好き♪♪

EOS kiss-DigitalN/SIGMA DC 18-50mm F2.8

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへにほんブログ村のランキングに登録中。
バナーを押していただけますとランキングの票が入ります。
■自己紹介

みずき

Author:みずき
推定大正期建築の千葉の古民家。放置すれば傷むばかり、とふと思ったことが大ごとに! 千葉と東京・神奈川を往復しつつ改修を目指す日々の記録。柴犬も一緒♪ 題名は「築大正」「先生が住んでいた」との話と、「宮澤賢治が出てきそうな家」と思ったことからの連想。景観と調和し、昔からずっとそこにあるような家を目指して、夢と妄想だけは大きく、千葉のイーハトーヴか、武相荘か!? 
■リンクはご自由にどうぞ。
■ご連絡等はコメント欄、
またはメールフォームからどうぞ。
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ
にほんブログ村のランキング参加中

■最新記事
■記事分野
ページ移動

よく読まれる記事
返答

過去の記事
RSS

関係・参加サイト
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。