上総の国の片田舎に古民家という名の廃屋あり。改修再生完了しました
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
傾き、腐り、建具をチェック
梅雨の合間の古民家の裏はこんな様子。
1週間でも間があくと、タケノコにょきにょき~~
裏山に竹にょきにょき
真竹という種類の竹&タケノコです。
竹林に戻らないように、
まずはこれらをポキポキ折って&チョキチョキ切ってまわります。

食べられるそうで直売所でも売ってたりするんですが、
直売所の真竹のタケノコ
折ってかじってみたら苦かった(汗)
水煮と乾燥にした孟宗竹のタケノコがまだあるので、こちらは食べてません。


さてさて、何をしているかというと
レベル測定中
背後で愛想振りまいてる柴犬(笑)

レベルをとっているんだそうです。
レベル測定
傾きがないか、水平器をあちこちに置いてチェック。

そのあと、小さな金槌で柱をたたいて、音で腐ってないかをチェック。
金槌でたたき中
こうやって、柱や部屋などをひとつづつ調べます。
なんて地道な作業なんでしょう!

調べたことをメモした図面。
図面に傷みをチェック
ちなみに、腐った柱(図面の中央部の赤の多いところ)に向かって、緩く傾いているそうです。

2階図面傷みをチェック
これをもとに、どこは新しく作り直すか、どこはこのまま使うかなどを整理して、
いろいろな図面を書くのだそうです。
ウチは使えるものはなるべく古いまま残すつもりなのですが、
そうすると、いちいちどこをどうするか決める必要があるので、作業としては手間がかかるのだそう。
壊して新設する方が楽なのだとか。なるほど~
手間がかかってスミマセン。


そのあと、建具をひとつずつ見てチェック。
使うか使わないか、交換するかなどを確認・相談しました。

畳の腐った部屋(床を上げて土間にする予定)の押入れのふすまを
1階腐部屋
これを外してみたら、

こんなんなってました。
障子利用のふすま
障子にベニヤ板と壁紙・反故紙を貼って、ふすまにしてたんですね。
なんでもない障子ですけど、今出来の障子より組子の間隔が細かくて丁寧ですし、
燻されて黒くなっていい味が出ています。

もう一枚の裏側はこんな!
ふすまの裏

拡大します。
ふすまの裏拡大
般若心経と、周囲に切手がびっしり!
切手の消印は、ざっとみたところ、昭和十何年~昭和30年代くらい。
上手に額装すれば面白いかも?

一緒にハガキが挟まっていたのですが、消印は昭和34年。
宛名から住人の名前がわかりました。
ちなみに内容は市長選候補者からの選挙運動でした(笑)

このふすまは、障子か扉にして、どこかに使おうと思います。

EOS-kiss DigitalN/SIGMA DC 18-50mm F2.8

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへにほんブログ村のランキングに登録中。
バナーを押していただけますとランキングの票が入ります。よろしかったらポチッとお願いします♪
関連記事
スポンサーサイト
古民家の軒下にスズメバチ!
梅雨の間の古民家は、真竹のタケノコとの戦いが続きます。
1週空けると家の裏はこんな感じに。
古民家裏の真竹のタケノコ
前の写真と比べると、タケノコが細く長いです。


さて、再生計画中の古民家に行ってみると、式台玄関の軒下に、
家主に無断でこんなものができていました。
軒下の蜂の巣
家賃を払え!(違)

拡大します。
スズメバチの巣
ずいぶん立派な一戸建てですね。
仮面ライダーみたいな顔がのぞいています(笑)


巣に出入りする様子を観察すると、どうやら
スズメバチ~~!!(驚)


ところがスズメバチの巣から50cmくらい離れたところにも、
それとは別のハチの巣があります。 
こっちも無断で住居建築かい!
しかもこっちはワンルームマンションです!(笑)

観察すると、アシナガバチのような成虫がいたのですが、気が付くと、
アシナガバチの巣
アシナガバチがいなくなって、
さっきのスズメバチが来て、

なんか、幼虫を食べてるように見えるんですけど……ひゃーーーー
食餌中のコガタスズメバチ
なんてアシナガバチさんはこんなところにマンション、もとい巣をつくっちゃったんだろう。
それともスズメバチの方が後だったのか…

と、この日は観察して写真を撮って帰宅。

調べてみたところ、
スズメバチは「コガタスズメバチ」のよう。
初期の巣はとっくりを逆さにしたような形で、
性質は比較的大人しく、巣を襲ったりしなければ攻撃をしかけてくることはないそうです。

この家は週末中心の別荘だし、いるのも大人ばかり。
営巣も秋までで冬にはいなくなるそうなので、このままそっとしておこうということに。
「蜂が巣を作る家は栄える」といわれ縁起がいいそうで、
そういえば大きなスズメバチの巣を飾っているのを見かけますが、
あれはどうやらコガタスズメバチの巣のようです。

ダブルで蜂の巣ができるなんて、縁起がいいわ~
でもアシナガバチの方はちょっと心配だなぁ。

アシナガバチは、成虫の写真が撮れなかったため、種類は不明。
あまり大きくなく、黄色の目立たない地味な色だったような記憶あり。
スズメバチもアシナガバチもさまざまな虫を狩って食べるため、益虫でもあるそうです。

     ☆

生暖かい目で見守ろうと思って、次に古民家に行ったときに見たら、
どっちの巣も空家で店子さんがいません。
放棄されちゃったようです。

ダブルで蜂の巣ができて、縁起がいいかと思ったのに、
危険は去ったけど、ちょっと残念☆

うるさい家主とみて、逃げて行っちゃったようですね(笑)。

     ☆

ハチが生存競争を繰り広げている下で、
たそがれているアンニュイな柴犬。
アンニュイな柴犬
柴「柴犬は、縁起がいいのか悪いのか…」

EOS-kiss DigitalN/
無印 TAMRON 28-200mm F3.8-5.6、☆印 SIGMA DC 18-50mm F2.8

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへにほんブログ村のランキングに登録中。
バナーを押していただけますとランキングの票が入ります。よろしかったらポチッとお願いします♪
関連記事
天井のベニヤをバリバリしてみた
2週間、空けたときの古民家の裏。
これでは、もはやタケノコではなくて竹!
家の裏ビフォー
1週空いたらタケノコで~
2週空いたら竹になる~  

はい、覚えましたか。ではもう一度。リピートアフターミー♪

♪1週空いたらタケノコで~
 2週空いたら竹になり~  
 3週空いたら元の竹林~!

はい、覚えましたね~

このくらい育っているとポキッと手で折れません。2人がかりで3時間の格闘。
家の裏アフター
草むしりならぬ、竹むしり後。きれいになった~♪

この場所は午前中は日当たりが良いのですが、午後からは日陰になるので、
午後から作業をした方が日差しは避けられることがわかりました。
午後の方が気温が高いから、どっちが楽かといえばその時々ですが。

----------------------------------------------------------------

…その竹むしりも、梅雨が明けてからのある日、

あーー、竹がない! 
ついに竹が生える時期も終わった!♪
家の裏梅雨明け後
…と喜んだのもつかの間。
よく見るとそのほかの草の丈が高い。
はい、竹の時期は終わりましたが、雑草との戦いはいよいよ本番です…

緑の草の海を、刈り払い機で草刈り。
打倒!セイタカアワダチソウ!
刈り払い機で草刈り

柴犬はお昼寝。
昼寝の柴犬
この気持ちよさそうな寝顔…。

古民家の中は、風が通ってとても涼しいです。
柴犬は一番いい場所を陣取って動きません(笑)
柴犬

この日のお昼は、かまどゆでのそうめんと、
枯草のたき火で焼いた焼きナス~♪
そうめんと焼きナス
そうめんはすぐ茹だるし、
焼きナスはアルミホイルでくるんでたき火に放り込むだけ。簡単だけど美味しい♪

そうめんと柴犬
「僕にもくれないかな」

  ☆

土間の上にはベニヤ板が張ってあるのですが、
ふと思うことがあり、はしごを登ってガンガンやってみたら、
天井のベニヤ1
はがれた~♪
ベニヤ板はごく細く小さな釘で打ち付けてあったので、手でもべりべりとはがせました。
1枚はがすのは簡単でも、数があり、高いはしご上の作業は大変~

ものすごいホコリと、ハクビシンのフンの雨、というより雪崩とともに、
畳1畳大ベニヤ6枚、半畳大4枚をひっぺがすと、
屋根裏
梁組が見えるようになりました~♪

最初、懐中電灯で横から梁をみたときは驚きましたが、
今、ちょっとはいろいろな古民家を見てきた目で見ると、こじんまりした梁組、屋根裏に思えます。
豪快な迫力はありませんが、このくらいの方が扱いやすかもしれません。

そういえばコウモリのフンは、ここからは降ってきませんでした。不思議。
キクガシラコウモリは、2匹飛んでいるのを1度見かけました。
写真を撮ろうとしたらどこかに隠れてしまって残念。

    ☆

花の咲いている稲。
稲の花
このへんは早稲なので、花が早いです。


EOS-kiss DigitalN/SIGMA DC 18-50mm F2.8

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへにほんブログ村のランキングに登録中。
バナーを押していただけますとランキングの票が入ります。よろしかったらポチッとお願いします♪
関連記事
古井戸再生への第一歩?
さて、千葉にある、再生計画中の古民家の庭には、古い井戸&手動ポンプがあります。
いわゆる「ガチャポン」です。

猛暑日でも井戸水は冷たくて気持ちよく、飲めないまでも作業で水があるのは便利。
バケツで汲んでは大いに利用しています。
古い井戸ポンプ
ヤマイモの つるにハンドル取られて ガチャポンプ


以前から井戸の中に何か黒い棒がありました。
母が引っ張ってみると、
古井戸探検

竹の先に針金でバケツがくくりつけてありました。
水くみバケツ

この前、井戸に水汲み用のバケツを落としてそのまんまですが、→ココ
代わりに違うバケツが出てきました(笑)

「こりゃー、汲みやすくて便利♪」

と喜んで使っていたら、ずっと水没していただけに針金の結び目が弱っていて、
再びバケツが、ぼっちゃーーーーーーーん!

井戸に落下、バケツ2つめ(汗)

長い棒かなにかで引っ張り上げることも考えましたが、人まで落ちたら危ないのでやめました。
あーーあ。

そんなこんなで、失敗はありつつもなかなか楽しい井戸ライフ♪
暑い日には、バケツの井戸水に素足を突っ込んで涼をとっています。気持ちいい~(*^^*)♪

          ☆

さて、ある日、一発奮起した私。

ぐいーーー
柴犬と古井戸ポンプ
好奇心旺盛な柴犬。何かゴソゴソやっていると必ず見に来ます。←本当

ずるずるずる~~~

古井戸ポンプの全貌
出たーーーー♪ ゼーゼーハーハー

井戸ポンプを引っ張り出してみました。塩化ビニール管の長さは4mありました。

塩ビ管をポンプの根本でちょん切って、
古井戸ポンプ

ぷちぷち(エアパッキン)と新聞紙で優しく…

古井戸ポンプ
錆びていますが、元の塗装は緑だったようです。

壊したコーラ箱で美しく梱包して、
梱包
発送!

さよーーーならーーーーヾ( ´ー`)ノ~


なんと、このさびさびポンプを修理してくれるところがありました!
「買った方が安くて早くてうまいんじゃないの?」
と家人からも言われたのですが、

「わかってるけどいいのーー!修理したらどうなるか見てみたいのーーー!」
と、押し切りました。ネタにもなるし♪
見積もりをとったら、買うより多少安いくらいだったこともあります。

いってらっしゃーーーーーい ( ^ _ ^ )ノ~~
きれいになって帰ってきてね~

ちなみに、ポンプの修理はこちらに出しました。
シップスレインワールド 手押しポンプの修理 

井戸の手押しポンプは、メーカーが違っていてもある程度規格が揃っているので、
修理や部品の交換がきくことが多いのだそうです。

さてどうなるかな? どきどきわくわく♪

EOS-kiss DigitalN/SIGMA DC 18-50mm F2.8

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへにほんブログ村のランキングに登録中。
関連記事
■自己紹介

みずき

Author:みずき
推定大正期建築の千葉の古民家。放置すれば傷むばかり、とふと思ったことが大ごとに! 千葉と東京・神奈川を往復しつつ改修を目指す日々の記録。柴犬も一緒♪ 題名は「築大正」「先生が住んでいた」との話と、「宮澤賢治が出てきそうな家」と思ったことからの連想。景観と調和し、昔からずっとそこにあるような家を目指して、夢と妄想だけは大きく、千葉のイーハトーヴか、武相荘か!? 
■リンクはご自由にどうぞ。
■ご連絡等はコメント欄、
またはメールフォームからどうぞ。
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ
にほんブログ村のランキング参加中

■最新記事
■記事分野
ページ移動

よく読まれる記事
返答

過去の記事
RSS

関係・参加サイト
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。