上総の国の片田舎に古民家という名の廃屋あり。改修再生完了しました
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ちょっと不思議で素敵な、日本民藝館
東京・駒場の「日本民藝館」に行きました。
民藝運動を起こした柳宗悦が設立した美術館です。
目的は特別展「芹沢介と柳悦孝」ですが、素敵な建物の写真を撮ってきました。

本館建物。昭和11年(1936)開館。
日本民藝館本館
漆喰の壁に、縦に張った石となまこ塀が、印象的というか、個性的というか。

入り口。細いすだれが掛かって涼しげ。
日本民藝館本館入り口 特別展芹沢介と柳悦孝

張っている石は大谷石。窓は大きめですが、大壁造りで、大きな蔵のよう。
日本民藝館本館建物
腰三分の二までを大谷石のなまこ目地、上部は土蔵風の漆喰壁。
窓枠は虫籠窓風の漆喰の枠。屋根は瓦。

本館の向かいにある長屋門。とても大きくて、存在感たっぷり。
昭和9年に栃木県宇都宮から移築したもの。
日本民藝館西館長屋門
最初にこの長屋門を移築したのがすべての始まりで、
長屋門の様式に合わせて本館を設計したそうです。
上部は漆喰壁×縦の大谷石張りなまこ目地は、大谷地方では蔵作りの古い伝統技法なのだとか。

長屋門。この奥に柳宗悦旧宅がありますが、この日は非公開。
日本民藝館西館長屋門入り口

なんか不思議な屋根だな~と思ったら、屋根瓦は大谷石!
日本民藝館西館長屋門の大谷石瓦
石瓦は、大谷石の産出地方で蔵などによく使われたそうです。

周囲はぐるーっと大谷石の石壁で、風情があります。
日本民藝館大谷石石垣
建物の隣の家。

館内は撮影禁止なので写真がありませんが、とても素敵なので機関紙から雰囲気だけ。
日本民藝館館内
展示ケースは木製。アルミサッシとかプラスチックとか、無粋な素材がどこにもございません。

芹沢介(型絵染の人間国宝)も、柳悦孝(染織家、柳宗悦の甥)も良かったですが、
実は同時展示の所蔵品の方に感動。沖縄の染織品に素晴らしいものがあり、
東北の民芸品・工芸品、江戸時代の土人形がとても良かったです。
作った人・使った人の存在が伝わってくるようでした。
桃山時代の漆椀とかあって驚いた。

詳しいページがあったのでメモ。
石屋根についての質問です。大谷石で葺いた屋根…
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1022747535


参考文献:「民藝」2009年10月号

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへにほんブログ村のランキングに登録中。
ポチッといただけましたらうれしいです。
関連記事
スポンサーサイト
京都島原「輪違屋」「角屋【重文】」
以前、京都に行ったときの写真より。
京都の花街といえば、上七軒、祇園甲部、祇園東、先斗町、宮川町ですが、
以前はここに含まれた花街・島原を見てきました(2007年)。

島原大門
慶応3年(1867年)再建
京都の島原大門
島原は新選組隊士がよく遊んだ花街。
当時は祇園よりも高い格式があったとか。
しだれ柳の枝が風情を感じさせます。

京都島原大門

京都の島原大門
周囲は現在の住宅街(京町屋ではなく)…歓楽街よりはマシか。

角屋(かどや)
寛永18年(1641)創業! 揚屋建築で唯一の重要文化財。
京都島原の角屋
格子がとても美しいです。そして長い~~~(間口が広い)
足元の格子は、元は牛馬をつなぐための柵「駒寄」というのかも。

現在は「角屋もてなしの文化美術館」として公開しているのですが、
私がここに来たときは閉館中。
滞在中の隙間をぬって行くので、こういうことが多いんだな…orz
京都島原の角屋
大戸も昔のまま?ですね。

逆側から見たところ。
角屋


輪違屋。元禄元年(1688年)創業。
現在の建物は1857年再建、1871年改築。京都市文化財。
京都島原輪違屋
揚屋と置屋を兼ね備えた現役の店。日本で唯一「太夫」(たゆう/こったい)さんがいます。
ものすごく簡単に言うと、太夫とはう~んと教養があって、う~んと格の高い芸者さん。
営業中なので非公開。

銅製の看板灯篭。かっこいい。
店名を意味する、ずらした2つの輪が描かれてます。
輪違屋看板灯篭
ここをモデルにした小説「輪違屋糸里」(著/浅田次郎)があります。
テレビドラマは見たけど、小説は未読。

周囲は静かな住宅街。
ここのいくつかの建物だけ異空間のように、ひとまとまりになって残っています。


にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへにほんブログ村のランキングに登録中。
ポチッといただけましたらうれしいです。
関連記事
京都府伊根町、舟屋の並ぶ風景【重伝建】
以前に京都に行ったとき(2007年9月)、
京都府の日本海側、丹後半島の東端にある伊根町に行きました。
漁村では唯一、国の重要伝統的建造物群保存地区の選定を受けている地域です。

湾にせり出して、家が立ち並んでいます。
1階が船のガレージになっていて、「舟屋(ふなや)」と呼びます。
伊根の舟屋2
2階から釣りができそう!

周囲5キロの湾にぐるりと沿って、この舟屋が230軒あまり並ぶ風景は壮観!
この「伊根の舟屋」は世界的にも珍しいそうです。
伊根湾2
海からすぐに家、すぐに山。
小さな湾なので、向こう岸にも舟屋が並んでいるのが見えます。
伊根湾
私はすぐ海際の場所で育ったので、海がすぐ近くにあるのって、
空気に潮の香りがするのって、なんとなくホッとします。

舟屋…船のガレージはこんな感じ。
船を上げやすいように、海に向かって床が斜めに落ち込んでいます。
伊根の舟屋の船着き場
干満の差が少ないそうで、すぐ水面です。 とても水がきれい。
太平洋側(東京湾内だけど)育ちの私には驚き! 

船を格納中の舟屋。ガレージの形はいろいろ。
舟屋の船ガレージ
最近の船は大きいので、外に係留しているものもあるとか。


舟屋にあった長持に、今と昔(?)の漁具。
力強い筆致がかっこいい!
舟屋の長持

天井を見上げたら、網を干して(仕舞って?)いました。ちらっと天井が見えます。
渡してあるのは足場かな。
舟屋の天井の網干

家の中からガレージと海方面を見たところ。
すっごく太い梁?が見えます。
舟屋の中から
建物内の木材は新旧ありますね。
漁具が少ないので、このお宅は今は漁をしていないのかも(記憶ナシ)。


1階は船揚場、物置、作業場で、
出漁の準備、漁具の手入れ、魚干物の乾場や農産物の置き場などに幅広く活用。
2階は網を乾したり、居室、民宿などの生活の場にも。

もうひとつ面白いのが、
舟屋の建物を山側に出ると、道路があり、道路を挟んで主屋があります。
つまり、間口のそれほど広くない同じ持ち主の家が、道路を挟んで2軒あるわけです。
同じ家に行くのに道路を越えて行くわけですね。ちょっと面白い♪


江戸時代末期から昭和初期に建てられた建物群で、
舟屋の特徴は基本的に「海への開口」、「妻入り」の2点。
高さやガレージ部分などはばらつきがありますが、全体としては統一感があります。

ずらっと舟屋が並んでいる風景は、どこか懐かしく、独自の詩情が漂う…
伊根の舟屋3
…のですが、近くで見ると、けっこうサイディングやらアルミサッシやらバリバリです。
うーん、潮風だと傷みやすそうだしねぇ…
昔ながらの木造舟屋もあるようですが。

舟屋の周辺


漁業と観光が主な産業ですが、この辺りは絹織物の産地なので、
織機(背が高い)を舟屋に置き、機を織っているお宅もありました。
ジャカード機
お隣の与謝野町はかつて織物で栄え、重要伝統的建造物群保存地区もあります(ちりめん街道)。
こっちは時間がなくて見てませんけど。


別の目的で行ったときのものなので、
もっといろいろ写真撮っておけばよかった。
京都市内からさらに3時間くらいかかるので、関東からはなかなか足を運びにくいんですが、
いつか再びまとめて、ゆっくり訪ねてみたいと思っているところです。

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへにほんブログ村のランキングに登録中。
ポチッといただけましたらうれしいです。
関連記事
台風首都圏直撃!こんなの始めて見た
帰宅時間の首都圏を台風が直撃。
乗っていた電車が途中の駅で止まってしまい、
あれよあれよといううちに、あちこちの路線、みんな電車が止まってしまいました。

バスに乗り換えたら、超満員で運転席前ですし詰めになっていたら、
窓からこんなものを見てしまった。
台風で倒れそうな街路樹プラタナス
ものすごい強風にあおられて、
大きな街路樹が斜めに… ((((;゜Д゜)))ガクガクブルブル

うまく撮れなくてこんな写真しかないんですが、
道路と並行にほぼ倒れてしまった木、建物側に倒れて建物直撃している木もあって…。
こんなの始めて見た…

道路側に斜めになっている木。
斜めになった街路樹プラタナス
これはまだ可愛いほうで、
道路側にもっと倒れて(45度くらい)、トンネル状態になっているものもありました。
(さすがにバスは避けて通っていた)
倒れて車を直撃したら大変!
ただでさえ渋滞中の道路が通行止めになってしまう~

猛烈な強風に吹かれて、倒れそうになっている木はみんなプラタナス。
大木のうえに、葉が大きいので風の抵抗も大きいんでしょう。
他に見かけた街路樹では、柳、ハナミズキ、イチョウは平気なようでした。

渋滞の中、満員のバスに乗って大回りするうちに、運転を再開した近隣路線があり、
普段電車一本で20分くらいのところを、
バス→電車→バスと乗り継いで、2時間かかって帰宅しました。
でも帰れてよかった~。

駅やバス停に「帰宅難民」があふれる様子は、
3月11日の地震のときを思い出しました。

雨はやみましたが、風はまだ強いです。
これから台風が来る地域の方、お気を付けください。

帰宅後ニュースで「木が倒れてタクシーを直撃」という報道があった((((;゜Д゜)))ガクガクブルブル

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへにほんブログ村のランキングに登録中。
関連記事
■自己紹介

みずき

Author:みずき
推定大正期建築の千葉の古民家。放置すれば傷むばかり、とふと思ったことが大ごとに! 千葉と東京・神奈川を往復しつつ改修を目指す日々の記録。柴犬も一緒♪ 題名は「築大正」「先生が住んでいた」との話と、「宮澤賢治が出てきそうな家」と思ったことからの連想。景観と調和し、昔からずっとそこにあるような家を目指して、夢と妄想だけは大きく、千葉のイーハトーヴか、武相荘か!? 
■リンクはご自由にどうぞ。
■ご連絡等はコメント欄、
またはメールフォームからどうぞ。
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ
にほんブログ村のランキング参加中

■最新記事
■記事分野
ページ移動

よく読まれる記事
返答

過去の記事
RSS

関係・参加サイト
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。