上総の国の片田舎に古民家という名の廃屋あり。改修再生完了しました
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
これは何?古民家から発掘品クイズ
以下は当古民家で発掘されたシナモノです。
これはいったい何で、何に使われたものでしょうか?

その1 初級編
クイズ_板
板ですねー。けっこう大きくて長いです。
古民家遺跡からは比較的発掘が多いと思います(笑)

その2 上級編
クイズ_陶器の容器
外壁の下部から、土に埋もれた状態で出土しました。
陶器で、液体を入れるもののように見えますが…



-------------------------------------------------------------



●初級編 答え
張り板
これは簡単ですね。

答え
ほどいたきものを洗うって乾かすとき(洗い張り)、
ピンと仕上げるために、張って乾かすための板、「張り板」。

うーん、これは私に一度は洗い張りをやってみろという、天の啓示に違いない(笑) 
まずは木綿で…

----------------
●その2 上級編 答え

親、ここに来たことのある人、誰に聞いてもずっとわかりませんでした。
陶器、容器などで画像検索しても、ずっとなんだかわからなくて…

裏側はこんな感じ。
陶器の湯たんぽ


正解はこちらー
http://www.umakato.jp/archive/coll/09_01.html


湯たんぽ
これは「民家の学校」で天竜研修に行ったとき、夜に使ったもの。

はい、答えは「陶器の湯たんぽ」ですー

湯たんぽがとても快適で、ほしいなーと思って、パソコンで検索していたら、
いろいろな材質の湯たんぽがあったんですよね。
で、みていたら、どこかでみたことのあるものがでできて、わかりました。

上記サイトによると、陶器製のかまぼこ型の湯たんぽは、
金属製の湯たんぽが作られるようになる前のものか(大正期くらい)、
戦時中に金属が不足したときのものか、らしいです。
陶器製は熱の当たりが柔らかいのだとか。

陶器の湯たんぽは、今は骨董品として、その形から花入れになどに使われ、
きれいな色柄だと人気があるそうです。
当家からの出土品は実用一辺倒の風情ですが…

コルクか何かをふたにすれば使える……かな?


にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへにほんブログ村のランキングに登録中。
よかったらポチッと押してくださいませ。ポイントがついて順位が上がります♪
関連記事
スポンサーサイト
この記事へのコメント
104. I.co   URL  2012/01/10 18:32 [ 編集 ]
湯たんぽですか。初めて見ました。
私が昔使ったのは錫か何かだった気がします。

これで真冬の合宿もOK??(笑)
105. みずき   URL  2012/01/11 00:17 [ 編集 ]
うちの親も知りませんでしたからねぇ。

必殺器具も入手しました♪ 冬季合宿やりますか?(笑)
150.      2014/05/20 20:52 [ 編集 ]
このコメントは管理者の承認待ちです
151.      2014/05/20 20:54 [ 編集 ]
このコメントは管理者の承認待ちです
152. みずき   URL  2014/05/23 19:18 [ 編集 ]
張り板はいろいろ使い道がありますよね。
というわけでウチでも台として使っております。
ヤフーオークションなんかでも出品されているのをよく見かけますよ。
管理者にだけ表示を許可する
■自己紹介

みずき

Author:みずき
推定大正期建築の千葉の古民家。放置すれば傷むばかり、とふと思ったことが大ごとに! 千葉と東京・神奈川を往復しつつ改修を目指す日々の記録。柴犬も一緒♪ 題名は「築大正」「先生が住んでいた」との話と、「宮澤賢治が出てきそうな家」と思ったことからの連想。景観と調和し、昔からずっとそこにあるような家を目指して、夢と妄想だけは大きく、千葉のイーハトーヴか、武相荘か!? 
■リンクはご自由にどうぞ。
■ご連絡等はコメント欄、
またはメールフォームからどうぞ。
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ
にほんブログ村のランキング参加中

■最新記事
■記事分野
ページ移動

よく読まれる記事
返答

過去の記事
RSS

関係・参加サイト
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。