上総の国の片田舎に古民家という名の廃屋あり。改修再生完了しました
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アヤメ科の庭計画
古民家の庭には、山からの水を引いて貯める小さな池があります。
今は草木でぼうぼうですが、手を入れれば素敵になるかと思い、デザインを考え中です。
庭の池

水辺の植物といえば杜若(カキツバタ)♪ 
実家の容器で育てているカキツバタが開花。
そのうちに池に移植して、のびのび育ってもらいましょう♪
カキツバタ
カキツバタの特徴: 水にどっぷり浸かるところで育つ。下花弁ま根本に白い斑。

これは実家の庭のアヤメ。
アヤメ
アヤメの特徴: 下花弁に網目模様。乾いた土で育つ。

古民家と周囲の環境に合う、ちょっと和風で自然風な庭が目標です。
まぁ目を離せばすぐ、草ぼうぼうの大自然~ですが。
もともとある植物を元に、在来種、山野草、
園芸種では派手でないものを中心に選ぶつもりです。
それと、あまり手を掛けられないので、基本は放置栽培です。

アヤメ類は病虫害が少なく、場所があえば丈夫で手間いらずで増える植物。
田舎風の日本家屋にも庭にも似合います。 それに青紫系の花って好き♪
シャガはもともと雑草のように生えてるし。

と、アヤメ科の植物いろいろのガーデン計画を練っていましたら、
池のほとりに、植えてもいないキショウブが咲いていました。
キショウブ
キショウブは……きれいなんだけど、これは外来種で(要注意外来生物)、
まぁせっかくあるし、青紫の花との対照がきれいではあるので、
増やしすぎない程度に維持しようと思います。


近所ではさまざまなアヤメ科の園芸植物を見かけました。
オランダアヤメ(ダッチアイリス)。 乾いた場所が好き。
オランダアヤメ
ちょっと清楚な感じが好み♪

ドイツアヤメ(ジャーマンアイリス)。
ジャーマンアイリス
清楚な花が好きなので、ジャーマンアイリスのフリフリ花弁の
派手な花はあまり好きでなかったのですが、
広い空間では見栄えがして悪くないなと思いました。
機会があったら少し株分けしてもらいたいと思っています。
ジャーマンアイリス
ジャーマンアイリスの特徴: 乾燥した土で育つ。下花弁の根本にヒゲヒゲ(黄色部分)。

ちょうど実家の庭で増えすぎて困ってる
ジャーマンアイリスがあるので株分けして植えました。
ジャーマンアイリス植え付け
つい習慣で、植え付け後に水やりしちゃったけど、乾燥好きな植物なのでやらなくてもよかったみたい。

植え付けのため土を掘り起こしたら、この程度の面積なのに
バケツ2杯分も大石小石が発掘されました(汗)
ジャーマンアイリスは石混じりでも平気なそうなので、まさに適地。
というか、この場所にはこれしか植えられないかも?

ちなみにこんな花のジャーマンアイリスです。 来年が楽しみ♪
ジャーマンアイリス

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ
にほんブログ村のランキングに登録中。
ポチッとすると、別窓で各分野のブログがたくさん見られます。参考にどうぞ♪
関連記事
News】おしんの生家、庄内映画村に移築再生へ
写真が衝撃的だったので。こんなになっても直せるんですね! よかった!
------------------------------------
おしんの生家、移築始まる 山形・鶴岡の映画村へ

山形おしんの生家
山形県鶴岡市の「庄内映画村」に移築される、ドラマで「おしん」の生家に設定された古民家=24日午前、山形県中山町

 1980年代の国民的テレビドラマ「おしん」で、主人公の生家の設定で使われた山形県中山町の古民家が同県鶴岡市の「庄内映画村」に移築されるのに先立ち24日、関係者が工事の安全を祈願した。

 おしんの生家は地域の有志による保存会が維持管理してきたが、一昨年の大雪でかやぶき屋根が崩落した。資金難で修復が困難となり、県が観光振興の一環で保存を検討。昨年末、映画村への移築が決まった。

 工事は家をいったん解体、部材の状態で搬送し、損壊部分を修復するなどして組み立て直す。解体は25日から始まり、来月20日ごろに移築を完了する予定。費用約1千万円は県が支出する。

2012/05/24 12:45 【共同通信】 http://www.47news.jp/CN/201205/CN2012052401001175.html

以前、某設計士に「傷みがどの程度までなら直せるのか」と尋ねたら
「直そうと思うかどうか」とかそんな答えだったような気がします。
この場合は観光に生かせるし…やっぱりやる気の問題なのね、それとお金の問題か。

実は「おしん」、ドラマ観たことないんです(汗)
-----------------------------------------------------------
おしん生家、移築着手 山形・中山から鶴岡・庄内映画村へ

崩れ落ちたおしんの生家
かやぶき屋根の一部が崩れ落ちた「おしんの生家」

 NHK連続テレビ小説「おしん」のロケで使われた山形県中山町の古民家「おしんの生家」を山形県鶴岡市の庄内映画村へ移築するための作業が、25日に始まる。

 県、中山町、映画村などの関係者でつくる「『おしんの生家』の今後に関する連絡調整会議」が、解体・搬送のスケジュールを決めた。25日に解体作業に着手し、6月20日ごろまでに運び終える予定だ。
 搬送後は現地で復元し、ロケセットなどとして活用する見通し。おしんは映画化が決まっており、関係者は移築が済んだ生家を映画で使用することも検討している。
 中山町の山中にある生家は、約90平方メートルの平屋で築約150年。1984年の放送終了後も長く人々に親しまれ、全国からファンが訪れた。最近は老朽化が進み、かやぶき屋根の一部が崩れ落ちるなど建物の維持が危うくなっていた。
 地元住民有志でつくる「おしんの生家保存会」と県などが協議し、映画村への移築を昨年決定。解体・搬送費用は県が負担し、建て直しについては映画関係者とも調整の上、今後詳細を詰める。
 県観光交流課の小野真哉課長は「この冬の豪雪にも耐え抜いた生家は、おしんらしく根性がある」と語り、移築後の有効活用に期待を寄せた。
2012年05月19日土曜日 河北新報 http://www.kahoku.co.jp/news/2012/05/20120519t55008.htm
------------------------------------------------------------
「おしんの生家」再生へ 荒廃懸念も一転、庄内映画村に移築
2011年12月21日 08:09

山形おしんの生家
屋根が崩れたまま、雪が積もった「おしんの生家」。庄内映画村オープンセットへの“引っ越し”が決まった=20日、中山町

 テレビドラマ「おしん」のロケが行われた中山町岩谷地区の「おしんの生家」が鶴岡市の庄内映画村オープンセットに移築されることが20日、決まった。生家は昨冬の大雪でかやぶき屋根が崩れ落ちたまま。再び本格的な冬が到来し、一層の荒廃が懸念されていたが、一転して新天地への“引っ越し”が決まり、関係者からは安堵(あんど)の声が上がった。

 生家は約90平方メートルの平屋で、かつては観光客が絶えず、ピーク時には1日30人ほどが訪れていた。町民らが「おしん生家保存会」を結成、2001年にはテレビのクイズ番組で獲得した940万円で屋根をふき替え、話題を呼んだこともあった。

 会員はその後もボランティアで地道な保存活動を続けてきたが、資金不足や会員の高齢化が進む中、昨冬の大雪による被害への対応ができなくなり、県、町、保存会などが「『おしんの生家』の今後に関する連絡調整会議」を開催、協議に乗り出していた。

 この日、山形市のあこや会館で2回目の会合を開き、移築を決定した。会合後、取材に応じた県観光交流課によると、県が▽おしんはアジア諸国で根強い人気がある▽吉村美栄子知事は「おしん(阿信)知事」を自称し中国などでPRしている▽おしんを直接連想させる限られた観光素材の1つ-などを挙げ、保存会や町など出席者に保存の必要性を説明した。

 かやぶき民家は街なかへの移築が難しく、維持管理に人手や費用が掛かること、さらに単体では観光資源として限界があるといった視点からも映画村への“引っ越し”が了承された。

 保存会の鈴木光雄会長は「一時は壊すことも考えたが、管理してもらえることになり、ひと安心」とほっとした様子。会議に出席した庄内映画村の宇生雅明社長は「おしんは東南アジアでとても人気がある。保存会が了承してくれたので、おしんの生家として残し、観光客に喜んでもらえるようにしたい」と語った。

 生家は一度解体した後、柱などを補修、再利用してオープンセットに現在の形で再現する予定。移築工法などが決まり次第、取り掛かるという。財源は県が中心となって検討する。

 テレビドラマ「おしん」は、寒村で育ち7歳で奉公に出たヒロインが激動の時代を生き抜く物語。1983(昭和58)年から放送され、一大ブームを巻き起こした。その後、世界60数カ国で再放送され、特にアジアでは現在も高い人気を集めている。
http://yamagata-np.jp/news/201112/21/kj_2011122101556.php
------------------------------------------------------------
屋根崩壊の「おしんの生家」、保全含め協議 県や中山町
2011年12月16日 15:41

 昨冬の大雪で屋根が崩壊した中山町の「おしんの生家」について、県や町、保存会など関係機関が、保全を含め協議を始めたことが15日までに分かった。

 1983(昭和58)年から放映された橋田寿賀子さん原作のNHKの連続テレビ小説「おしん」の生家として、撮影に使われた民家。「おしん」は世界60数カ国で放映されており、その生家は観光資源の一つでもあった。

 家は、中山町岩谷地区にあるかやぶきの平屋。「おしん」が大きな反響を呼び、放映後のピーク時は1日30人ほどが来訪していた。その後老朽化が進み、同地区に住んでいた町民らが保存会を結成。テレビ番組出演で獲得した資金で屋根をふき替えた他、部分的な補修を実施した。最近は資金不足で十分な改修ができなくなっていたが、ボランティアで雪下ろしや草刈りなどを続けてきた。しかし、昨冬の雪の重みで屋根が崩れ、内部はカヤが落ちたままになっていた。
山形新聞 http://www.yamagata-np.jp/news/201112/16/kj_2011121601431.php

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ
にほんブログ村のランキングに登録中。
ポチッとすると、別窓で各分野のブログがたくさん見られます。参考にどうぞ♪
関連記事
草刈りの時期到来!刈払機の選び方について
古民家暮らしとは草刈りなり
田舎暮らしは草刈りなり


いい季節になりましたが、今年も草刈りの時期がやってきました。
田舎では草刈りは欠かせません。うちなんて放置しておくと家に入れなくなります。
でも今年は工事で鉄板引いたり鋤取りしたりするのでだいぶ楽なはず♪

GWを過ぎて、裏山は草ぼうぼう&竹にょきょき。
というわけで、今年の当家の第一次草刈り十字軍が出陣。

マウスオンで草刈り後になります。

当地は農村地帯。この時期は朝早くから近隣では
強力草刈りマシーン、仮払機…じゃなくて(ATMみたいw)、
刈払機のエンジン音がブンブン鳴り響いています。
庭が広い家なら刈払機は必携。
爆音響かせていても、隣家まで何十mとか、どの家でも使っているんでお互い様です。
というわけで、刈払機について、特徴や違いなどを比較しつつ調べてみました。

刈払機の選び方
■電動式刈払機


●充電式(バッテリー式・コードレス)
交流式に比べると
電源コードがないので自由に使える/パワーが小さい、連続作業時間が短い

●交流式(コードでコンセントにつなぐタイプ)
充電式に比べると
パワーがあり、連続して作業できる/コードの長さの範囲でしか使えない
そもそも、エンジン式に比べるとパワーが小さい

電動式刈払機は騒音が気になる都市部や、小さな庭用のようです。
敷地ウン百坪レベルの田舎暮らし系なら、
エンジン式刈払機でないと追いつかないでしょう。
うちは庭500坪…(裏山の斜面別にして)

■エンジン式刈払機
2サイクル(ストローク)と4サイクルがあります。私が使っているのは2サイクル。
近隣も2サイクルが多いように思いますが詳細は不明。

●2サイクル
・構造が単純
 →安価で軽量。修理しやすい。その反面排ガスに有害物質も。
・瞬発力とパワーがある
・燃料は2サイクルオイルとガソリンを混ぜて混合オイルを作るので、多少手間。
 といっても計って混ぜるだけだけど。混合済み燃料も市販。 
・4サイクルに比べると燃費が悪いといいますが、
 2倍も3倍もかかるわけではないと思います。

●4サイクル
・2サイクルに比べると構造が複雑
 →その分多少高価で重い。メンテナンスも手間が掛かる?
  ただし排気中の有害物質は2サイクルより少ない。
・燃料はガソリンをそのまま使う。2サイクルよりは燃費が良い

エンジン式の場合、重量を軽減し、始動性を確保するため、
長らく2サイクルが使われてきたようですが、近年では環境への配慮から、
排気ガス中の有害物質がより少ない4サイクルも増えているようです。

面積が広い、多年生の植物や篠竹などを刈るなら、
2サイクルの方が軽くて馬力があります。
特に斜面法面があったり、女性が使うなら軽さは大切。
普通の女性なら問題なく使えます。ストラップを肩にかけて使います。

●2サイクルの刈払機の排気量の選び方

うちは1台あって、2人で刈るためにもう少しパワーのあるのをもう1台買い足しました。
母がホームセンターかどこかでよくあるタイプを買ってきたので、
20cc~25ccくらいじゃないかと推測します。
2サイクル刈払機
奥が零号機、手前が主に私が使う初号機(笑)

調べてみましたら、目安として

20cc ---- 平たい場所の1年生の雑草、芝刈中心。軽くて取り回しは楽。
23cc ---- 多少多年生植物もある(ススキ、セイタカアワダチソウなど) 
25cc ---- 多年生植物、山林の下草刈り、笹竹がある 

まめに刈れる方は草も大きくならないので、軽くて扱いやすいものでいいと思いますが、
週末田舎暮らしな方だと、夏場は少し間が開くと、あっというまに庭はジャングルです。

私は去年、夏に放置して、秋口に行ったら、セイタカアワダチソウが
1m以上の大密林になっていて、ひーひー言いながら刈りました。
こういう可能性がある場合は大き目の排気量が楽かもしれません。
また、笹竹が生えてるようなところも大き目がいいかも。竹刈用の替え刃もあり。
常によく切れる刃をつけてれば20ccでもかなりイケるという話もあるので、
お好みでどうぞ。

●2サイクル混合オイルの注意

2サイクル機で多いトラブルはエンジンがかからなくなる例だそう。そこで

・混合燃料不良は、即エンジンの焼付きにつながる。
2サイクルオイルとガソリンを混ぜて作る際には、
必ず測って作り、いい加減に作らないように。

・2週間以上使用しない場合、燃料をタンクから可能な限り(ポンプの中も)
出しておくと始動不良の予防になる。これだけでも使用年数が伸びる。

うーん…実は今まであるものを何にも考えないで使っていました(爆)
以上、ネット等で調べた受け売りですが、調べてみて勉強になりましたー♪

マウスオンで草刈り後に。

裏山すっきり丸裸!2人で2馬力でやると早いっ! 
小さいうちに刈るほうが楽と実感したので、今年は早め早めにやるぞ!

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ
にほんブログ村のランキングに登録中。
ポチッとすると、別窓で各分野のブログがたくさん見られます。参考にどうぞ♪
続きを読む »
関連記事
裏山に山野草・エビネの自生地ができていた
新緑のきれいな季節になりました。
朝の田んぼと山。
マウスオンで夕方になります。


竹の侵食で荒れ放題だった裏山を、伐採・草刈りをして整備していると、
いろいろな植物がみられます。定期的に刈ることで生える植物も変わってきているようです。

この春先は、いろいろなシダ類が生えてきました。
葉がきれいなので、上手に残して鑑賞したいのですが、実はシダ類は苦手分野。
どれが食べられるかとか、種類名がわかりません。
ゼンマイ ゼンマイ
調べてみると、新芽が産毛に包まれてクルッとしているのがゼンマイ、
産毛がなくて拳のように丸まっているのがワラビだそうで、
そうなると写真はどちらもゼンマイですね。

いつか、カタクリとかイチリンソウとかニリンソウとか、
きれいな山野草の群落を…とひそかな野望を持っていたら、
敷地内にエビネの開花株を発見!わーーーーい♪♪
ジエビネ
周囲をみまわすと、小さな群落になっていました♪
自然に生えてきたものです。
ジエビネ
わりとありふれた山野草だと思っていたのですが、レッドデータを調べてみると
千葉県 要保護植物(C)、国 準絶滅危惧(NT) になってました。

里山の減少で植物が減ってるといいますが、ちょっとの手入れで復活するものもあるようです。
また、自然環境の変化によって数が減っているのもありますが、
それよりも花の美しさから観賞・販売目的での盗掘によってなくなってしまうことが多いらしいです。
栽培はそれほど難しくないので市販品は栽培物も多いようですが。

フキの間に、ナルユユリ、またはアマドコロか、どっちか発見。
ナルコユリかアマドコロ
確認しようと思って次週探しにいったら発見できず(悲)

------------------------------
東京で、神代植物公園に行ったら、花壇の隅でシロバナタンポポ発見♪ 
関東では珍しいのであげてみる。
シロバナタンポポ

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ
にほんブログ村のランキングに登録中。
ポチッとすると、別窓で各分野のブログがたくさん見られます。参考にどうぞ♪
関連記事
金環日食をお手軽にリッツクラッカーで観測@東京
今日は金環日食の日でしたね。
千葉の古民家での日食観測かなわず、東京都内で試みました。

やり方は超お手軽に、クラッカー「リッツ」の穴で観測(笑)
リッツで日食観測

都内某所はピカピカのお天気でした……途中までは。

07:15くらいから、外が薄暗くなったのを感じました。

07:26 おおー、影がきれいな三日月!
リッツで金環日食観測

07:32  さらに細く…なったかな?
リッツで金環日食観測

07:34  おおお、もう少しで金環!
リッツで日食観測

というあたりから、雲が厚くなってきてしまい、影がぼやけてきてしまいました。

07:38  おおお金環!
      なんとか影が輪っかになってるのかわかります?♪
リッツで金環日食観測

金環中は雲がかかっていたのですが、おかげで肉眼で輪っかになってるのがわかりました。
本当は危ないのでやっちゃだめです(汗)

07:39 雲の切れ間に撮影。金環が終了したら少し晴れた(泣)
      さっきと逆側が欠けてます。
リッツで金環日食観測

07:55  雲の切れ間をぬって。
リッツで日食観測

これ以後しばらく観測不能。

08:18 まだ欠けてます
クラッカーで日食観測

欠けてる様子がわかりにくくなったので、これで終わりにします。

こんなお手軽観測でもよくわかりました(笑) 楽しかった♪

柴「僕の観測は?」
柴犬
お前は欠けないから。

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ
にほんブログ村のランキングに登録中。
ポチッとすると、別窓で各分野のブログがたくさん見られます。参考にどうぞ♪
関連記事
■自己紹介

みずき

Author:みずき
推定大正期建築の千葉の古民家。放置すれば傷むばかり、とふと思ったことが大ごとに! 千葉と東京・神奈川を往復しつつ改修を目指す日々の記録。柴犬も一緒♪ 題名は「築大正」「先生が住んでいた」との話と、「宮澤賢治が出てきそうな家」と思ったことからの連想。景観と調和し、昔からずっとそこにあるような家を目指して、夢と妄想だけは大きく、千葉のイーハトーヴか、武相荘か!? 
■リンクはご自由にどうぞ。
■ご連絡等はコメント欄、
またはメールフォームからどうぞ。
にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ
にほんブログ村のランキング参加中

■最新記事
■記事分野
ページ移動

よく読まれる記事
返答

過去の記事
RSS

関係・参加サイト
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。